クラシックで脳が活性化すると言われる理由

脳を活性化させるクラシック音楽?

クラシックの特徴

クラシックの特徴を一言で表すと、難解であることと言えます。 演奏形態は、主に管弦楽曲・室内楽曲・器楽曲・声楽曲とあり形態にもよりますが様々な楽器が用いられます。
また、その楽曲の中でも、それを構成するスタイルも細かく分かれています。一部形式、ソナタ形式、ロンド形式などは耳にすることがあるのではないでしょうか。 もちろんモーツァルトの楽曲にも様々なスタイルが存在します。
その複雑さゆえに、何気なく聞いているようでも脳の中には多くの情報が取り込まれ、それを処理しようとする活動が脳を活性化させているのです。

人間の特徴として、難しい情報を理解した場合、簡単な情報の時よりも感情に大きな影響を及ぼすと言われています。そのため、一般的に複雑な楽曲が多いクラシックは、脳を活性化する要因と言われているのです。

クラシック以外の音楽による影響

クラシック以外の音楽にも難解な音楽はたくさん存在します。
例えばジャズも難しいと言われる音楽ジャンルの一つで、使われるコードの幅広さや、リズムの取り方も独特ですよね。実験音楽やノイズミュージックなども、メロディのつかみにくさや崩されたハーモニーによって、理解をより一層困難にさせています。

それに対してロックやポップスなどは、曲にもよりますが基本的にはシンプルかつ少ないコードで展開される音楽が多いため、それだけキャッチーで聴きやすく、ある意味では脳への刺激が少ないと言えます。 また、このような音楽の多くはボーカルが入ることが多く、その結果脳は「音楽」としてではなく「言語」として理解しようとするため、脳が活性化される部分が異なってくると言われています。

となると、必ずしもクラシックだけが脳を活性化させる訳ではないと言えそうです。しかしその性質から、より効果的であるのは間違いなさそうです。


この記事をシェアする